Skip To Content
大邱市の中心、中区!

中区ツアー

  1. Home
  2. 中区ツアー
  3. 全体コース
  4. 第1コース(慶尚監営達城の道)

第1コース(慶尚監営達城の道)

プリント
1コース 香村洞
香村洞

香村洞の道はムグンファ百貨店の東側の道からプクソン路につながる、約30mの通りを言う。元々は、
慶尙監營の中営(チュンヨン)と大邱府があったが、日帝時代、大部分が取り壊され、その後、重要な
官公署と、多様な遊興酒屋、居酒屋、旅館が軒を連ね、香村洞は大邱最高の繁華街となった。独立以降は、音楽喫茶「ノクヒャン」をはじめ、多様な喫茶店ができ、芸術家らが、多く立ち寄った。特に戦争が起こり、大邱に避難してきた芸術家がここに集まることによって、多くの芸術家らが街の喫茶店に集う
ことにより、自然とここは、芸術家たちの場となった。ここに泊まった代表的な芸術家としては、画家の
イ・ジュンソプ、詩人のクサン、ユ・チファンなどがいた。現在はこの道を回っても、昔の痕跡があまり残っておらず、中年たちが遊興を楽しむ場所となったが、それでも変らず、道のあちこちに、その頃の佇まいを見つけることができるように表示板に表示されている。

関連写真

前
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
  •  画像
後

位置/交通情報

変更日 : 2018.02.28

あなたは、現在のページの内容や使用の利便性に満足していますか?

非常に満足
To Page top